六ヶ所村体育協会 -沿革-

昭和45年 6月3日

六ヶ所村体育協会設立準備委員会発足
設立準備委員長に故:田中澄氏(教育長)を副委員長に故:洞内鉄三郎氏(第一中学校校長)を選任し、会則(案)を作成
昭和45年 6月5日
村内の青年団、婦人会、部落会、主な事業所に会員の募集要項と会則(案)を送付し、会員を募る
昭和45年 6月30日






六ヶ所村体育協会設立総会(青年研修所)
会則を制定、初代会長に元村長の故:寺下力三郎氏、副会長に教育長の故:田中澄氏、元議員の故:橋本猛雄氏、理事長に故:及川昇三氏が就任
[加盟団体]
スキー部、野球部、バレーボール部、陸上競技部、卓球部、レクリエーション部
[会員数]
156名
昭和46年 4月27日青森県体育協会に加盟申請
      4月30日青森県体育協会への加盟が承認される
昭和48年 12月二代会長に元村長の故古川伊勢松氏就任
昭和61年 4月1日体育協会の規約を改正、加盟団体を統廃合
昭和62年 4月三代目会長に教育長の故:田中澄氏就任
     10月7日陸友会が社会体育優良団体として文部大臣賞を受ける
昭和64年  4月ボウリング部加盟
平成2年  6月
六ヶ所村体育協会創立20周年記念事業として、元巨人軍コーチ故:荒川博氏、元ヤクルト監督土橋正幸氏、元プロ野球選手荒川尭氏を招いて野球教室を実施
             6月創立20周年
             4月村体育協会シンボルマーク及び体育協会旗を作成
平成3年   4月 四代目会長に村長の故:土田浩氏就任
平成4年 11月27日 「スポーツの村宣言」記念式典開催
平成5年   4月 5代目会長に松尾拓爾氏就任
平成9年   4月 6代目会長に簗田信義氏就任
平成12年 1月16日 30周年記念事業として東京大学卓球部を招き、卓球交歓交流大会を開催
      6月30日 創立30周年
      11月25日 創立30周年記念式典
平成13年 4月 7代目会長 佐々木正昭氏就任
平成15年 4月 8代目会長 橋本隆春氏就任
      9月 野球協会(体育協会所属)が高松宮暘杯全国大会出場
平成18年 9月 綱引き協会(体育協会所属)が全日本アウトドア綱引選手権大会で優勝。
日本代表として2006世界アウトドア綱引選手権大会出場
平成19年 10月 六ヶ所村体育協会主催による東北楽天ゴールデンイーグルス少年野球塾開催
平成20年 7月 北奥羽総合体育大会実行委員会
      9月 野球協会(体育協会所属)が高松宮暘杯全国大会出場
平成21年 6月 第32回上北郡総合体育大会六ヶ所村主管開催
平成22年 6月30日 創立40周年
平成23年 9月 野球協会(体育協会所属)が高松宮暘杯全国大会出場
平成24年 10月 野球協会(体育協会所属)が天皇杯全国大会出場
平成26年 11月 野球協会(体育協会所属)が水戸市長旗全国大会
平成28年 6月 9代目会長 久保勝廣氏就任
平成28年 6月17日



特定非営利活動法人六ヶ所村体育協会発足
<加盟団体 13団体>
・野球協会 ・バレーボール部 ・家庭婦人バレーボール部 ・陸友会
・ソフトテニス部 ・卓球部 ・剣道部 ・水泳部 ・バスケットボール部
・サッカー部 ・ボウリング部 ・ゲートボール部 ・綱引き協会
平成29年 4月六ヶ所村屋内温水プール施設の指定管理業務を請け負う。
体育協会事務局を同屋内温水プール施設内に設置。
ページのトップへ戻る